SSブログ

Teddy Brown〜テディ・ブラウン〜 [xylophonist]

(今回から偉大な木琴奏者について投稿できたら、、と思い数年ぶりに投稿です。続けられます様に、と自分のために祈る[あせあせ(飛び散る汗)]

まずは、大きくて偉大なテディ・ブラウン。
IMG_1573.jpeg

木琴黄金期に活躍した奏者の中で、動画もたくさん残っているので一番有名なのではないか、と思います。いくつかのネットや文献から集めた情報をまとめてみました。
あえて「テディ」と尊敬と親しみの思いで書かせていただきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(2021/12/21 修正)
【略歴】
テディ・ブラウン(1900年5月25日生まれ・出生児名;エイブラハム・ヒンメルブランド、1946年4月29日没)は、晩年の活動歴をイギリスに持つアメリカ人エンターテイナーです。

テディ・ブラウンはニューヨークで生まれ、わずか9歳の頃から様々な舞台で演奏していました。

職業演奏家としては、ニューヨークフィルハーモニックオーケストラで演奏活動を始めましたが、1910年後半にはポピュラー音楽のジャンルで活動します。
ディーガン社製マリンバザイロフォン4726モデルを4本マレットで弾く世界的マリンバ奏者としても紹介されました。
ジュリアス・レンバーグ・リバーサイド劇場オーケストラの打楽器奏者として活動歴もあり、1919年〜1920年にエジソンレコードで録音されたレンバーグバンドの録音では木琴奏者としての初期の演奏を聞くことができます。

1924年、ニューヨークホテルプラザで演奏するバンド、ヨーゼフスミス楽団のドラム奏者になり、1925年にバンドはイングランドのツアーへ。ロンドンには1926年に降り立ちます。
1926〜1927年、テディはロンドンにあったカフェ・ド・パリのバンドリーダーになり、英国でインペリアル社とヴォカリオン社のレコードを録音しています。キットカットクラブを含む、ナイトクラブで演奏を続けます。
そして、ソロ木琴奏者としてもバンドを伴奏にして複数のレコードを残しています。

IMG_1562.jpeg
ブロードキャスト社のレコード『Fairy on the Clock』

IMG_1568.jpeg
インペリアル社のレコード『美しく青きドナウ』

1927年、リー・ド・フォレストの発明したフォノフィルムのイギリス事業部は、テディが演奏する短編映画を作りました。
1929年にはシロクラブのバンドをリードし、パーシバル・マーキーバンドとハリー・ビグッドバンドと何枚かのレコードを作りました。
1930年代にはソロアーティストとして大変人気があり、イギリス国内あらゆるところで演奏し、ラジオ番組にも数多く出演しました。

1930年、イギリスでの卓越した演奏技術と活動歴で高い評価を得たテディは、A.ブルーネルとA.ヒッチコックが共同制作した映画「エルストリー・コーリング」に出演することになります。その映画は英国の初期映画作品として有名で、数々の映画とラジオショーが複合したような作品でした。
「エルストリー・コーリング」でのテディの出演は当時、大変評判が良いものでした。作品内の3度目の登場は特に印象的で、木琴を正確に大変なスピードで演奏し、時には片手で演奏したり、後ろ向きに演奏したりしていました。

テディの独特な演奏スタイルは、後にバンドリーダーとして活躍したスパイク・ジョーンズなど、他の打楽器奏者に影響を与えました。

1931年も引き続き、ラジオ番組、映画、そしてさまざまなライブステージで木琴を演奏をしていました。
多くの聴衆に愛され、同年に英国王室が主催するチャリティ番組「ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」に登場します。
テディは英国王室にも愛されたコメディグループ「クレイジーギャング」とも交流があり、しばしば彼らのジョークのネタにされていました。

約160kgの体重で印象的な丸い体格だったので、同じような体格の同時代の偉大な音楽家・ポール・ホワイトマンとしばしば比較されています。テディは、打楽器奏者でしたらから、打楽器は当然、素晴らしい演奏をしましたが、それに加えて、テナーサックスとしても素晴らしい奏者でした。そして、また、打楽器を演奏しながら口笛も吹いたりしていました。外見は豊満で粋でしたが極めて機敏で演奏しながら木琴の周りでダンスをする姿もよく観られました。オーケストラの中であらゆる楽器を演奏しましたが、木琴は特にテディにとっての評価が高い楽器で、その音色はバイオリンよりも録音に適している、と感じていた様です。

1940年、テディは妻と2人の子供たちとサセックス州、リトルハンプトンへ転居します。その家に「木琴の家」と名前をつけました。

そして1946年、心臓発作の病で享年45歳でこの世を去ります。最後の演奏は1946年4月29日月曜日、ウォルヴァーハンプトン大劇場でした。出演後、妻が一緒に滞在していたバーミンガムのホテルに戻ると、気分が優れず、少し心臓に違和感がある、と伝えます。
翌日朝5時、テディは息を引き取りました。

サセックスデイリーニュースでの賛辞で「彼の足取りを振り返ると、共に過ごした人々の期待を裏切ることは決してなかった、と言えるだろう。テディ・ブラウンはただ太っているというのではなく、比類のない『ビッグマン』であった」と綴られました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

数ある動画の中で、私が特に好きなもののリンクです↓

【British Pathe】https://www.britishpathe.com/video/teddy-brown

【historicfilm】
https://historicfilms.com/search/?q=teddy%20brown&fbclid=IwAR2DwdgTpanq25lazkHgKpCfMiq-zLyYw_cT-QYtMcjqca6oWJiVAmlrtwg#p1t54897i1781o2380

ブリティッシュ・パスのアーカイブはどれも素晴らしいですね。
ヒストリックフィルムの方は、木琴漫談のような面白さ。テディの技術と音楽性の凄さが一目瞭然です。


以前、参加したボブ・ベッカーさんのセミナーで参加者に配布された資料の中に、テディの教則本というか、エキササイズがあって、これを練習すればあんなふうに弾けるのか!?と思います。実際、めちゃくちゃ難しいです。

IMG_1574.jpeg

IMG_1576.jpeg

愛されて若くして亡くなったテディ・ブラウン。
多くの木琴奏者・打楽器奏者の憧れの的です。

teddybrown2.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Mika's set list of R..|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。