SSブログ
xylophonist ブログトップ

Teddy Brown〜テディ・ブラウン〜 [xylophonist]

(今回から偉大な木琴奏者について投稿できたら、、と思い数年ぶりに投稿です。続けられます様に、と自分のために祈る[あせあせ(飛び散る汗)]

まずは、大きくて偉大なテディ・ブラウン。
IMG_1573.jpeg

木琴黄金期に活躍した奏者の中で、動画もたくさん残っているので一番有名なのではないか、と思います。いくつかのネットや文献から集めた情報をまとめてみました。
あえて「テディ」と尊敬と親しみの思いで書かせていただきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(2021/12/21 修正)
【略歴】
テディ・ブラウン(1900年5月25日生まれ・出生児名;エイブラハム・ヒンメルブランド、1946年4月29日没)は、晩年の活動歴をイギリスに持つアメリカ人エンターテイナーです。

テディ・ブラウンはニューヨークで生まれ、わずか9歳の頃から様々な舞台で演奏していました。

職業演奏家としては、ニューヨークフィルハーモニックオーケストラで演奏活動を始めましたが、1910年後半にはポピュラー音楽のジャンルで活動します。
ディーガン社製マリンバザイロフォン4726モデルを4本マレットで弾く世界的マリンバ奏者としても紹介されました。
ジュリアス・レンバーグ・リバーサイド劇場オーケストラの打楽器奏者として活動歴もあり、1919年〜1920年にエジソンレコードで録音されたレンバーグバンドの録音では木琴奏者としての初期の演奏を聞くことができます。

1924年、ニューヨークホテルプラザで演奏するバンド、ヨーゼフスミス楽団のドラム奏者になり、1925年にバンドはイングランドのツアーへ。ロンドンには1926年に降り立ちます。
1926〜1927年、テディはロンドンにあったカフェ・ド・パリのバンドリーダーになり、英国でインペリアル社とヴォカリオン社のレコードを録音しています。キットカットクラブを含む、ナイトクラブで演奏を続けます。
そして、ソロ木琴奏者としてもバンドを伴奏にして複数のレコードを残しています。

IMG_1562.jpeg
ブロードキャスト社のレコード『Fairy on the Clock』

IMG_1568.jpeg
インペリアル社のレコード『美しく青きドナウ』

1927年、リー・ド・フォレストの発明したフォノフィルムのイギリス事業部は、テディが演奏する短編映画を作りました。
1929年にはシロクラブのバンドをリードし、パーシバル・マーキーバンドとハリー・ビグッドバンドと何枚かのレコードを作りました。
1930年代にはソロアーティストとして大変人気があり、イギリス国内あらゆるところで演奏し、ラジオ番組にも数多く出演しました。

1930年、イギリスでの卓越した演奏技術と活動歴で高い評価を得たテディは、A.ブルーネルとA.ヒッチコックが共同制作した映画「エルストリー・コーリング」に出演することになります。その映画は英国の初期映画作品として有名で、数々の映画とラジオショーが複合したような作品でした。
「エルストリー・コーリング」でのテディの出演は当時、大変評判が良いものでした。作品内の3度目の登場は特に印象的で、木琴を正確に大変なスピードで演奏し、時には片手で演奏したり、後ろ向きに演奏したりしていました。

テディの独特な演奏スタイルは、後にバンドリーダーとして活躍したスパイク・ジョーンズなど、他の打楽器奏者に影響を与えました。

1931年も引き続き、ラジオ番組、映画、そしてさまざまなライブステージで木琴を演奏をしていました。
多くの聴衆に愛され、同年に英国王室が主催するチャリティ番組「ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」に登場します。
テディは英国王室にも愛されたコメディグループ「クレイジーギャング」とも交流があり、しばしば彼らのジョークのネタにされていました。

約160kgの体重で印象的な丸い体格だったので、同じような体格の同時代の偉大な音楽家・ポール・ホワイトマンとしばしば比較されています。テディは、打楽器奏者でしたらから、打楽器は当然、素晴らしい演奏をしましたが、それに加えて、テナーサックスとしても素晴らしい奏者でした。そして、また、打楽器を演奏しながら口笛も吹いたりしていました。外見は豊満で粋でしたが極めて機敏で演奏しながら木琴の周りでダンスをする姿もよく観られました。オーケストラの中であらゆる楽器を演奏しましたが、木琴は特にテディにとっての評価が高い楽器で、その音色はバイオリンよりも録音に適している、と感じていた様です。

1940年、テディは妻と2人の子供たちとサセックス州、リトルハンプトンへ転居します。その家に「木琴の家」と名前をつけました。

そして1946年、心臓発作の病で享年45歳でこの世を去ります。最後の演奏は1946年4月29日月曜日、ウォルヴァーハンプトン大劇場でした。出演後、妻が一緒に滞在していたバーミンガムのホテルに戻ると、気分が優れず、少し心臓に違和感がある、と伝えます。
翌日朝5時、テディは息を引き取りました。

サセックスデイリーニュースでの賛辞で「彼の足取りを振り返ると、共に過ごした人々の期待を裏切ることは決してなかった、と言えるだろう。テディ・ブラウンはただ太っているというのではなく、比類のない『ビッグマン』であった」と綴られました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

数ある動画の中で、私が特に好きなもののリンクです↓

【British Pathe】https://www.britishpathe.com/video/teddy-brown

【historicfilm】
https://historicfilms.com/search/?q=teddy%20brown&fbclid=IwAR2DwdgTpanq25lazkHgKpCfMiq-zLyYw_cT-QYtMcjqca6oWJiVAmlrtwg#p1t54897i1781o2380

ブリティッシュ・パスのアーカイブはどれも素晴らしいですね。
ヒストリックフィルムの方は、木琴漫談のような面白さ。テディの技術と音楽性の凄さが一目瞭然です。


以前、参加したボブ・ベッカーさんのセミナーで参加者に配布された資料の中に、テディの教則本というか、エキササイズがあって、これを練習すればあんなふうに弾けるのか!?と思います。実際、めちゃくちゃ難しいです。

IMG_1574.jpeg

IMG_1576.jpeg

愛されて若くして亡くなったテディ・ブラウン。
多くの木琴奏者・打楽器奏者の憧れの的です。

teddybrown2.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

木琴奏者達リスト 〜レコードコレクションから〜 [xylophonist]

SPレコードコレクションで、演奏者名だけを拾ってリストにしてみました。
これ以外にも、無名の木琴奏者が1900年代前半までに沢山いた模様です。
おって、一人一人について、詳細を調べてみたいと思います。
(ドイツ名は、母音の上に『'’』が付くのですが、すみません、略してあります)

【木琴奏者名】

・Albert Moraw
・Albert Muller
・Alfred Damerow
・Billy Whitlock ( William Whitlock )
・Charles P. Lowe
・Chris Chapman
・Ed King
・El Cota
・Franz Kruger
・Fred Clifford
・Fred White
・G.H.Green
・Harry Robbins
・Howard Wyness
・Howard Kopp
・Jack Simpson
・Jess Libonati
・Joe Green
・Kurt Engel
・Lillian Helten
・Lou Chiha "Frisco"
・Martin J. Schlig
・Peter Lewin
・Ray Vaughn
・Red Norvo
・Rudy Starita
・Sammy Herman
・Teddy Brown
・Thomas Mills
・Tommy Blades
・V.M. Gaston
・Victor Sterling
・Walter Sommerfeld
・William H. Reitz
・Willy Kricke
・Yoichi Hiraoka
・清水繁雄
・岩井貞雄
・荒川倉蔵

【グループ名】

・All Star Trio
・Andy Sannella and his All Star Trio
・Blue and White Marimba Band
・Cardenas Marimba Quartet
・Catslewood Marimba Band
・Earl Fuller's Rector Novelty Orchestra
・Frisco "Jazz" Band
・Green Brothers Marimba Orchestra
・Green Brothers Marimba-Saxo Band
・Green Brothers Novelty Band
・Green Brothers xylophone Orchestra
・Harry Thomas Trio
・Hurtado Brothers Royal Marimba Band
・Jazarimba Orchestra
・Marimba Centro-Americana
・Red Norvo & His Orchestra
・Spencer Adams Orchestra
・The Four Bright Sparks
・The Mobile Trio
・The Three Brothers Nehring
・Tuxedo Dance Orchestra
・ナニワ調和楽団
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

通崎睦美さん [xylophonist]

(約1年ぶりの更新・・・φ(.. )・・・ちょっと反省)

昨日2011年9月22日、札幌のホールKitaraで、ランチタイムコンサート『木琴日和』があり、「もっきん!」と思い、聴きに行きました。
演奏は、通崎睦美さん

公演数ヶ月前に、ご本人から直接御連絡を頂いた時「え〜〜〜〜っ[あせあせ(飛び散る汗)]」とびっくり。
通崎さん、と言えば、平岡養一さんの木琴を譲り受け、第一線で全国的に演奏活動をしている演奏家の方で、着物のコレクションでも洗練されたセンスを持ち、エッセイストでもある、私からみたら、雲の上の人のような方だったので。

通崎さんの演奏は、洗練されています。
CD「1935」で聞こえる平岡養一さんの木琴の音、通崎さんの手にかかると、楽器が喜んでいるのが分かる。
実際に楽器その物、だけではなく、その鍵盤の上に流れる音楽も、一音一音がとても大切に扱われている。
それが、聴いている人には、大変な心地よさで、耳も目も、満たされるような感じです。

聴きに行く前に、通崎さんの著書「天使突抜367」を読み返していて、物を創ることとか、扱うこととか、大切に、妥協せず、そして「楽しみながら」取り組んでいる所を感じました。
昨日、初めて生で演奏を拝見したのですが、その姿勢というか、生き方というか、それが演奏にも出ていて、その時「生き方が音楽にそのまま出てくるのだなあ」と改めて思いました。
『本物』というか・・・。

昨日の終演後、初めてお会いしましたが、第一印象は「小柄な方だ[ひらめき]
チラシや書籍、それから、舞台上での演奏しているところからだと、身長170センチ位の印象だったので。

終演後、平岡養一さんの木琴を、間近で見せて頂き、その後、分解&梱包もお手伝いさせて頂きました。
なんだか、初めてお会いしたのに、そんな気がしない、不思議な感覚。

片付けが終わった後、一緒にお食事し、その後、なんと、札幌から帯広までのロングドライブで一緒に帯広まで戻りました。
車の中でも、木琴のことはじめ、自己紹介も含め、話が尽きず、あっという間の4時間でした。

そして今日、家にあるマレッテック社ボブ・ベッカーモデル試作品の木琴をご覧になりたい、ということでお越し下さいました。

前日平岡さんの楽器を、そして今日家にある、ラグタイム演奏用に開発された楽器を、弾き&聴き比べて、木琴談義。尽きません。

通崎さんが今手がけている木琴のことについて、もお話を伺い、興味津々。
自分がまだまだ勉強不足、というか、知らないことの多さに気付く時間でした。

木琴の事がもっともっと、沢山の人へ知って頂きたい。
これからの通崎さんに一杯、期待してしまいます。

まだ、演奏を聴いたことが無い方へ、是非、聴くことをお奨めしたい木琴奏者の通崎さんです。
コンサートが10月13日(木)にありますよ!

通崎睦美リサイタル・木琴文庫vol.1

2011年10月13日(木)19時開演
京都府立府民ホールアルティ
木琴文庫チラシ表.pdf

あー、聴きに行きたい。



1935

1935

  • アーティスト: 通崎睦美,ギース/中山晋平/ディニク/ハイフェッツ/ブルック/モンティ/本居長世/平岡養一/山田耕筰/J.S.バッハ/ショパン/マリー/モーツァルト/エネスク,なし,京都フィルハーモニー室内合奏団
  • 出版社/メーカー: ALM RECORDS
  • 発売日: 2007/08/07
  • メディア: CD



M×PIAZZOLLA

M×PIAZZOLLA

  • アーティスト: 通崎睦美
  • 出版社/メーカー: ewe records
  • 発売日: 1999/06/30
  • メディア: CD



港大尋/届くことのない12通の手紙

港大尋/届くことのない12通の手紙

  • アーティスト: 通崎睦美
  • 出版社/メーカー: ALM RECORDS
  • 発売日: 2002/01/28
  • メディア: CD



天使突抜一丁目―着物と自転車と

天使突抜一丁目―着物と自転車と

  • 作者: 通崎 睦美
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本



通崎好み

通崎好み

  • 作者: 通崎 睦美
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 単行本



天使突抜367

天使突抜367

  • 作者: 通崎 睦美
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2011/03/04
  • メディア: 単行本



コメント(0) 
共通テーマ:音楽

G.H.グリーンについて、のサイト [xylophonist]

(しばらくぶりの更新ですf(^ー^;)

facebookに、G.H.グリーンのファンページを見つけました[ひらめき]
G.H.Green @facebook

もう一つ、ライアン・ルイス博士(Ryan Lewis Ph.D)、の論文が閲覧できるサイトも[ひらめき]
George Hamilton Green

どちらも英語ですが、多分、現在分かるソースの中で一番正確です。

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

蘇る平岡養一 [xylophonist]

木琴の事を調べていると、日本語サイトでは、必ず、平岡養一さんのことが出てきます。
先日、Googleした時に、ヒットしたPDFファイル、
『よみがえる平岡養一』を読みました。

平岡さんの木琴を譲り受けた通崎睦美さんのCDや2007年の公演のことも一緒に載っていました。

平岡さんが書いた自分の楽器のことについての文章も、すごく興味深かったです。特に、マリンバについて、「ザイロフォンの明るく軽快に華麗な音質に比較してどちらかと言うと暗く、オーバーなバイブレーションを伴った低音と・・・(略)」の部分は、マリンバ奏者ではなく、木琴奏者の視点からみた『別の楽器』という印象です。

一つだけ、私が引っかかった文章が『平岡養一物語』という向坂正久氏(音楽評論家)が書いた文章の中に、平岡さんが1930年に渡米し、ニューヨークで食うや食わずの生活に追われていた頃、受けたオーディションにまつわるくだり。「(木琴について)こんな特殊な楽器はどこでも相手にしてくれないのだ。」の部分。

1920〜1930年は米国では、特にニューヨークあたりでは、物凄くポピュラーな楽器で、GHグリーンは1925〜1927年に、現在では珍しくもない『通信教育』用の教材を全米プラス他外国へも販売していたほどでした。それほど「木琴を弾くことが出来れば仕事に困らない」という人気。それは、1925年にアコースティック録音が終わる頃を絶頂に続いた歴史。

だから、「どこにもあいてにしてくれない」どころか、木琴奏者は物凄い数が居たのです。
だからこそ、NBCのオーディションに集まった80人ほどの競争の中で合格した平岡さんの偉業が輝かしいのだと、そう思います。


木琴の子守唄

木琴の子守唄

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: フォンテック
  • 発売日: 1993/09/25
  • メディア: CD




1935

1935

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ALM RECORDS
  • 発売日: 2007/08/07
  • メディア: CD



このCDで音が分かります。

コメント(0) 
共通テーマ:音楽
xylophonist ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。